COMMENT10
  • ジョジョまとめっ!をいいね!する
  • ジョジョまとめっ!をツイートするッッ!
  • はてブするッッ!


_SL500_AA300_

hfb





1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 
2010/06/29 13:23:07 ID:Gr2xTVIU0
「なぜ・負けたのか・見当もつかない」 
チリになりながらDIOはそう言った。僕はそれについて考えてみた 
DIOの言い分にも一理あるような気がした。 
しかし僕が思うに、DIOの敗因はたった一つだった。




2: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 
2010/06/29 13:23:43 ID:yDF5yHDvO
やれやれ、ジョジョは射精した。




3: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 
2010/06/29 13:28:24 ID:Gr2xTVIU0
「あなたの名前、「公衆トイレ」?」 
彼女はそう言って一人で笑った。成績表にずらりとAを並べた女子学生がよくやる笑い方だった。 
その笑顔はまるで肺病を患った牛みたいに僕の心を揺さぶった、 
ところで、公衆トイレに住む人にどうしても会いたかった




4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 
2010/06/29 13:30:08 ID:Gr2xTVIU0
「ブッ殺すと心の中で思った時には、すでに行動は終わっているのよ。 
 そういうのってわかる?」













http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1277785387/l50
5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:31:44 ID:9wLxGZsU0
いいぞ、もっとやれ




6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:33:41 ID:Gr2xTVIU0
「この魂は、選ばれるべき者ではなかったんだ」
「じゃあ意味なんて無いじゃない」
「何が?」
「わざわざ再点火した意味よ」
「無いさ。」
そんな風にして、僕はブラックサバスと寝た。




7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:38:28 ID:Gr2xTVIU0
コロッセオで戦ったスタンド使いとはまるで話があわなかった。
僕がボスの居所について話している時、彼は鼓膜のことを考えていた。




8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:39:19 ID:o6gLy8ff0
いいね




9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:44:45 ID:Gr2xTVIU0
「サザエさん?」と僕は聞いた。
「知らなかったの?」
「いや、知らなかった」
「馬鹿みたい。見ればわかるじゃない」と由花子は言った。
「彼にその自覚があるかは知らないけど、あの髪型はとにかくサザエさんよ。完璧に。二〇〇パーセント」




10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:47:41 ID:Gr2xTVIU0
怒ったのは本当に久し振りだった。
でもね、いいかい、エリナに同情して怒ったわけじゃないんだ。
僕の言いたいのはこういうことなんだ。一度しか言わないからよく聞いておいてくれよ。

 
君が・泣くまで・殴るのをやめない




11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:52:50 ID:Gr2xTVIU0
「正体を見せないとは大した実力ではない」
これは一般論だ




12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:54:13 ID:PKzhQpWE0
だれか純粋な穴で作ってくれ




13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:57:00 ID:YzemtMve0
僕は彼に好感を持った。
世の中には今まで付き合った女の数を数えるのが好きな人間は数多くいても、
今まで食べたパンの枚数を数えている人間はそう多くはない。




14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 13:57:52 ID:U1w/wILo0
おもしろいな
多分これシリーズ化して流行りそう




17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 14:09:40 ID:c6GjgaAN0
ノルウェイの森しか読んだことないけどこんな文体だっけ?




19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 14:17:40 ID:da+Wskmj0
昔思いついて書いたのを引っ張り出してきたぜww

わしがその男と初めて会ったのは三十分前の夜のことだった。
それはわしが家路についた折で、ひ二人ともずいぶん冷静だった。
だからいったいどんな事情でわしらが夜の十時過ぎにわしの黒塗りトライアンフに
乗り合わせる羽目になったのか、まるで記憶がない。
前世では友人同士ででもあったのだろう。
とにかく男は命令して、おまけに速度計の針は80キロを指していた。
そんなわけで、わしが景気よく路端のガードレールを突き破り、満杯の人ごみを踏み倒し、
フロントガラスに思い切り頭から突っ込んだ上に命ひとつなかったというのは、
まさに当然というよりほかなかった。




22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 15:52:35 ID:Gr2xTVIU0
「1、3.5」二秒ほど置いてから僕は素数を数えた
その頃までに僕は300種類ばかりの実に様々な素数の数え方を会得していた。




26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 16:04:13 ID:lA5WRvCnO
>>22
2が抜けてる事に気付かないくらい焦っているという描写ですか?




25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 16:03:05 ID:Gr2xTVIU0
「どうせ『なんでメリケンのことわかったんだこの野郎』と言うんだろう」とためしに僕は言ってみた。
言うべきではなかったのだ。室内が氷河のように冷たくなった。
「なぜ知ってるんだ?」と酔っ払いが言った。
とにかく、そのようにして赤石をめぐる冒険が始まった。




27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 16:15:53 ID:Gr2xTVIU0
「とにかくもう絶頂でい続ける事はできないって事だね。ボス」
「歌は終わった。しかしメロディは鳴り続けてる」
「あんたはいつもうまい事を言うね」
「キザなんだ」
「生き残ったものには伝えとくよ。アンタが会いたがってたって」




21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします
2010/06/29 14:33:20 ID:gfyR1/CZO
やれやれ…天使はヴァニラ・アイスだけだ




  • ジョジョまとめっ!をいいね!する
  • ジョジョまとめっ!をツイートするッッ!
  • はてブするッッ!

以下、この記事と同じカテゴリーの記事を紹介するぜっ!!