革命的作品 – 究極の制服チラリズム

究極の制服チラリズム

あの女子、下着見えそうだ~~!残念、見えないか…アッ!見えた!的な感覚を映像化!ストレスが興奮を助長し最高の射精感をあなたに!なお本編中はAV女優ではない20歳未満の女性を起用し、自前のブラ&パンティーを着用!学生に戻った感覚で制服、ブルマ、スク水を存分にスケベ視点で堪能できます!

【※この作品はイメージビデオです】
【※特典映像・特典画像等は収録されておりません】

「究極の制服チラリズム」の本編動画はこちらから

サンプルに騙されるな

他はそこそこ良かったのにサンプル画像に実際に収録されていない画像があります。

非常にショックです。

そこまでして買わせたいのでしょうか。

内容うんぬんの前に、カットしているのか、画像加工しているのか分かりませんがそこまでして騙す考えが許せないです。

見え・・・ない!!

「あの女子、下着見えそうだ~~!残念、見えないか…アッ!見えた!的な感覚を映像化!」コンセプトに違わぬ作品でした。

 見えそうで「見えない」ので、絶妙なパンチラが好きな人にはいいかと思います。

個人的にはもう少し見えて欲しかった。

監督の趣向的に・セーラーからの腹チラ・背中のブラ線が好みなのか?日常生活でよく見かけるチラリズムがもっと欲しかった。

ローアングルからのパンチラは非現実的。

好みの問題だが、屈んだときの胸チラや浮きブラも欲しかった。

キャミを着てる子がいてもいいじゃない!あと、パイスラッシュ(鞄の斜め掛けで胸強調するやつ)とか…半袖からの脇チラは評価する。

顔だしNGだからといって微妙なスタイルの子はちょっと残念。

接写になりがちなので、肌の綺麗な子をチョイスしてくれればもっとよかった。

監督さんメーカーさんに感謝

本気のチラリズム作品です。

見えていません。

しかし学校生活だったらこんなのだろうなというリアリティは最高です。

ミニスカートからのパンチラは過剰な見せ方は無く、セーラー服やブラウスから透けるブラジャーも自然でした。

体操服への着替えでも、友達に見られないように着替えるところも良かったですね。

スクール水着では胸パッドなしで乳首がくっきりと浮き出ているところは女子高生ではありえない状況ですが、こういうところを織り交ぜるのも良かったのではないでしょうか。

堪らない瞬間

チラリズム、いい響きです特に女子高校生のムチッとした生足には堪らない興奮を覚えます清楚なスカートの裾から色白のむっちりした太腿の見え隠れの瞬間が好きですミントの香りがするようで鼻をこすりつけて嗅ぎたいです

この手のフェチとしては

良い・・しかし、やはり物足りなさはあり。

チラリズムからごくりと本番の流れはほかの作品であるが、この作品レベルでのチラリズムがほしい。

この作品はこだわりって感じで作られているので、本当のチラリズムのみが好きであとは妄想で処理するっていうかたにはもってこいだと思います。

私もチラリズムは好きだが、今はきっちりストーリーがあり、最後までいってほしい!ほかの本番まである作品でチラリズムといってもほとんどもろに見えることがほとんどで、真のチラリズムではないことが多いので、この作品+でほしい

まぁまぁ

他のレビューに書いてあるように,学生時代に戻った感覚になることのできる映像です.ただ,私はもうすこしパンチラが欲しかったので,すこし残念でした.だけど,全体的にはシチュエーションも様々で見やすいと思いました.

リアリティを追求するなら・・・

全体を通して制服のチラリズムを意識していてよかった。

あえて顔を見せないことで、モデルに無理やりやらせれている感を払拭できている。

さらに、モデルの無意識、無防備をちゃんと計算に入れている。

ハイソ中心なのもgood(ルーズは時代錯誤)。

お尻を突き出しているところを後ろから取るアングルが好き!ただ、折角このようなチラリズムを取り上げるなら、もっとリアリティが欲しかった。

・体操服がブルマ・歩いている複数人が違う制服・ブレザーがない(半そで、セーラーに偏り)・着替え以外で生パン以外のチラがないこれらは少し気になった。

類似のシリーズがもしも出るなら、更なる作品をぜひお願いします、製作者さん(笑)

ブラジャー

もっとブラチラが欲しかったパンチラしか狙って見てると思ったら大間違いだぞ。

オナゴがモンペを強●される時代が再来したら…

…どうなるんでしょう?… 女子高生がギリギリ頑張ってホンノ数mmでもスカート丈を短くし、太腿露出、あわやのパンツ丸見え他…この世代にしか無いピチピチ・チラリズムも、他世代の女性のそれも消え去るのか?「女優」の顔を映し込まないことが、独特の「何か」を感じさせる第一の「何か」だと思う。

むしろ、それが「何か、功を奏して」良いし、ここではHへ進まないことが良いとも思える。

完全露出とかHの結末へとかだったら、他のメーカーに幾らでも溢れている。

マッコト、不思議な(?)味わいのシリーズで、[隠すから余計にそそられるオスの本質]を見事に突かれて、[面白い]。

この[チラリズム観]を頑固に貫いて欲しいと思う。

[究極の制服チラリズム(今回はJK)]は、似通ったモノ作りのAVに飽きた時とかに、タマーニ観る場合には、[その反動ゆえに]実に[最強のシリーズもの]の一つになると思います。

期待しています。

顔を見せないモデルでは、感情移入がしにくい

写真集「スクールガール・コンプレックス」の映像版を狙ったような作品。

色々な学園風景のシチュエーションが出てきて、カメラワークは丁寧で悪くない。

しかし、「スクール~」と同じように、モデル達の顔だけは最後まで見えない。

体の部分を淡々と撮影しているだけである。

これは、いかがなものか。

顔が分からないモデルの体だけを見ても、イメージが湧かない。

顔が見えない映像を観続けるというのも、何だか不気味な感じがする。

たまにモデルの顔の一部が少し見えたりするが、どうも余り可愛くないB級~C級モデルが多いように思える。

そして、肝心の内容は、非常にソフト。

エロエロなショットも余り出てこない。

何度も再生したいとは思えない内容だったので、評価は2つ星。

顔出しNGのイメージ作品を観るのはキツい。

基本的に顔はしっかりと出して、更にエロティックな演出も欲しいところであった。

顔は見えなくていいのかも

ここまでチラリズムにこだわった作品に頭が下がる思いです。

見えそうで見えない、見えるんだけど見ちゃいけない、って、見る側の心理までカメラワークで表現されてる。

見える太股から妄想もし、ブルマや制服の膨らみから妄想もし、それはそれで楽しめる。

顔が見えてしまうとどうしても好みだとかが気になってしまうので、これが良かったかも。

見せ方はやや下半身に偏りがちなので、もし次回作があるのであれば制服の胸の膨らみの表現も少し増やして欲しい。

確かに物足りなさは感じるかもしれないし、これにHが入った作品も期待しないでもないが、これはこれであるべき作品だと思う。

足フェチなのですきです。

第3章を見てから、これを見てみました。

3章は、映像が美しく作られすぎてる感があって、その点はこっちの方がナマっぽくて好きでしたね。

さすがに見せ方は3の方がいいと思いましたが。

あと個人的には、3で見当たらなかった黒髪の子がいるのもいいですね。

脚だけが

見たいわけではないのですね自転車をこいでいたり普通に歩いていたり女子高生の太ももは正直好きですでも太ももだけをアップにされると逆にうーんという感じになってしまいますしそれより上は余り奇麗じゃない子も写っていますねもっと女の子の脚を本当に好きと感じている監督に撮って欲しいですね

高校時代を思い出します・・・・。

高校時代、クラスメートの巨乳ミニスカートの同窓生を思い出しました。

ジャケットのような後姿で外を眺めており、その光景を見てムラムラしスカートも覗き込んだ思い出があります・・当時は赤のパンテ○でした・・・。

今思えば高校生のくせして何て卑猥な下着なんでしょうか・・ジャケットを見て昔のことを瞬間的に思い出し購入しましたが名作です!!!女子高生好きは必ず買うべきです。

妄想を働かせて使いましょう!!!!!!!!!余談ですがそのクラスメートとは卒業後、付き合うようになり制服を着て狂ったように犯りまくってました。

で・・・結婚し今の嫁さんです。

子供も居ますが、制服を着て犯って中出ししたときの子です^^;

チラリズムファンへ

チラリズムファンの方最高作品が出ました。

パンチラの醍醐味が最大限に出てました。

序盤から最終まで大満足でした。

見えそうで見えないとか、ちょっとだけ見えたりとこれぞチラリズム・・・

革命的作品

この作品は革命的に良い。

とにかくリアル。

本当に高校にいる女子生徒たちのワンシーンをそのまま切り取ってきたようだ。

だから、チラリズムをテーマにした別の作品にあるような、わざとらしいパンチラやオナニーシーンなどはまったくない。

が、それがいい。

現実世界では、あまり直視できなかった女子生徒たちの太ももや、ブルマー姿のお尻、水着姿などが、長時間にわたって超近距離で見ることができる。

特に、序盤に出てくる女子生徒二人組(パケット写真の二人)や、ブルマー姿の二人が談笑後に階段を上がるシーン、水着で体操するシーンなどが良かった。

映像もきれい。

文句なし。

「究極の制服チラリズム」の本編動画はこちらから