【安齋らら】もっともっと犯して欲しい!! – 彼女の姉はバストJカップ… 彼女が3日間不在の間、神乳お姉さんとヤリまくった。 安齋らら

本編はこちらから

彼女の姉はバストJカップ… 彼女が3日間不在の間、神乳お姉さんとヤリまくった。 安齋らら

女優名: 安齋らら

ヤリまくった・・・なら3本番欲しかった。

タイトル通り、彼女が不在の間に彼女の姉とヤリまくるという内容昔からファンですが、今もなお素晴らしい美貌とスタイルで感動します。

ただヤリまくったというタイトルなのであれば、5チャプターにしてあと1回本番シーンを入れて欲しかった。

このご時世にわがままなのは承知なのですが、やはりそこは惜しいと思ってしまいました。

内容は素晴らしく、購入して損はないでしょう。

ハッキリ言って期待外れ

設定が雑で、何も興奮しない。

女優が安斎ららということで、中出し設定なし。

年齢的にも中出し(たとえ擬似だとしても)OKにしないと、飽きてしまう。

これは安斎ららだけではなく、星野ナミとかにも言えることだが。

設定がムチャクチャ

妹はどう考えても年上にしか見えないおばさんだし、なんの躊躇もなく普通にHに入るのも非現実的すぎる。

「まずいよ」「そんな困る」「だめだって」的なやりとりあるでしょ普通。

安齋ららのセリフも棒読み過ぎてエロさが全くない。

2Dはもういいかな

安齋らら怒涛の新作ラッシュですが、2Dはもういいかなという感じです。

せっかくのボディを持っているのだから、劣化する前にVR作品を出してほしい。

おっぱいもそうだが、顔が好みなのでVRでまじかで見たい。

最高のルックス

最高のルックスですねシチュエーションも良かったんですがブラ装着してるとこやお風呂などもっと日常感ほしかったです。

激ピスしょた男優結城結弦なので安心して見ていられる

激ピスしょた系男優結城結弦との交配なので安心して抜けます。

できれば結城には背面騎乗位で安齋ららを突き上げ激ピスで失神寸前ガチ逝き昇天させ顔射で大量ザーメンをぶちまけて欲しかった!

緩さが…

いわゆる”三日間彼女が不在”ジャンル作品見た目・雰囲気・喋り方から”緩さ”を醸し出し過ぎる”安齋らら”さん出演この作品のテーマは”いかに彼女の姉に魅了されことにおよぶか?また、彼女の姉の受けっぷりがどうなのか?”という描写にかかるのだが、ららさんの表現を楽しんでもらいたい。

冒頭から妹役が妹に見えないのは諦めの境地でスルーしましょうwららさんとの初遭遇シーンのひょこと出る可愛さにニヤニヤしつつ妹の彼氏役のボケっぷりに笑いが止まらないいくらなんでもオナはありえなさすぎて爆笑それを見てしまったららさんの反応もツボるここから暴挙におよぶ妹の彼氏とららさんとの攻防戦かえって、ららさんの言葉少ない反論や抑揚のない言い方が妙な仕方なさを醸し出しツボる乳写からマッサージへの定番流れを見せるが、ここからまさかの展開が続きツボる抵抗の感じから推しに弱い感じは見てとれるし、パイずり未体験という状況で強引パイずり中のキョドりと興奮することで嬉しがる様子から、人からの好意に断りきれなさも見てとれるのが良いパイずり未体験という設定を忘れず奉仕パイずりの際に”気持ちいいの?”と訊ねたり、唾垂らしも言われて実践という展開が良い気持ちいいの?仕方ないなぁという雰囲気ですすめるららさんもさることながら、暑くなって上着を脱ぎ少しギアが変わるららさんも良い出した後のまったりからのクンニ導入は笑えたし、ここでクンニで終わるのは展開的に良いと思うシーンが変わって、パイずり・クンニしてるんだからキスもいいですよね?と詰め寄る展開が、前シーンのクンニ終わりで光るしっかりキスをして、しょうがないと受け入れるららさんとの本番移行キス・乳舐め・クンニ・フェラからの”緩いやりとり”雰囲気・目線・喋り方・言い分などから醸し出す”緩さ”が絶妙で、あくまでも、やりまくってる訳ではない感じで進むのが良いイチャラブ・弄り・通話イタズラ・脱衣場Hをへて、ある種の甘えモードに入ったららさんのイチャラブ通話イタズラが何とも言えないラストギリギリHが名残惜しさを醸し出しつつ、最初とは違い積極的に取り組むららさんが良い受けと攻めのバランスが”緩さ”に見合った感じなのが一番の良さなのだろう”ふーやれやれ”という〆も緩さに見合った感じで良い

このおっぱいが神乳??

彼女のお姉さんに扮する安齋ららですが、巨乳でたわわな乳ではあるけれど神乳という分には大袈裟だなと思う。

安齋ららは何度も作品重ねていても演技がしっくりこない。

怒涛の激ピストンでめちゃくちゃにやれば、表情も出てくるはず。

安齋ららをあまり評価できませんね。

シーン詳細あり。夢のような3日間。電話中のパイズリ発射が最高。

家族旅行に出かける彼女の荷物の準備のため、洗濯物を取り込んでくれとお願いされた主人公。

爆乳サイズのブラジャーに目を奪われていると、ノーブラ乳首ポッチのららが登場し、少し雑談。

旅行に出かけた彼女だが、主人公は彼女の家に忘れ物。

ららがおらず、魔が差した主人公はららの下着をオカズにオナニー。

そこをららに見られ、興奮を抑えきれない主人公はノーブラおっぱいに無理やり顔をうずめる。

「お願いします!おっぱい見せてください!写真も撮らせてください!」と乳首ポッチを写真に収める主人公。

お礼にマッサージすると言い、肩、腕、足を揉み、そのまま流れでおっぱいも・・。

気持ちよくて寝てしまったららのシャツをまくり、ついに生乳と対面!ららが起きたため、乳首をぺろぺろしながら自撮り動画を撮り続ける。

そして馬乗りになってパイズリ、乳首ズリ!体制を変えてご奉仕超乳圧パイズリ、仁王立ちパイズリでそのまま挟射!!水を飲みながら台所で雑談。

ららを気持ちよくするとクンニでイかせる。

夕方。

仕事中のららにコーヒーを持ってきた主人公。

休憩しましょうといきなりディープキスをかます。

おっぱいを舐め、おまんこをペロペロし、フェラ奉仕。

「挿れるのはダメ・・」と言いながらももちろんちんぽを受け入れるらら。

正常位、対面座位、騎乗位、立ちバック、側位、正常位とめまぐるしく体位を変え、最後はおっぱいへ発射!夜。

二人でインスタントラーメン。

翌朝。

添い寝する二人、ノーブラおっぱいを揉みしだく。

昼。

ららに彼女から電話がくるが、話しながらおっぱいを攻める。

耳なども攻め、あからさまに感じる。

その後シーンが飛び、立ちバックで激しくSEXする二人。

続けて対面立位でも激しくピストン。

射精なし。

夜。

おにぎりを食べる主人公の股間をいじるらら。

そしてパクっとフェラ。

今度は主人公に彼女から電話。

その間もジュポジュポと激しく攻め、さらにはパイズリまで!これには耐えられず、「電話中にも関わらず「イっく!」とものすごい勢いの射精をかます。

翌日の昼。

彼女はあと1時間で帰ってくる。

もちろんSEXにいそしむ二人。

バック、正常位、騎乗位、対面座位、正常位でおっぱいへドピュ!最後は名残惜しむようにキスをし、バレないように帰る主人公。

意外なハマり役

見た目はSっ気が強く勝気な女王様キャラなのに実は押しに弱い口数は少ないが優しい女性というギャップがツボだった前の上司役といい彼女は大人しそうだが性に貪欲な年下にお願いされてズルズルノリノリにハマっていく役の方が合っている気がする関係はまだ続きそうだしこの2人でまた妹に隠れてエッチする後日談が見て見たい余談だが高嶺の花だとお互い牽制して同僚は誰も手を出せてない間に行動力のある彼女持ちの年下にアッサリ出し抜かれたと思うと余計抜けます

いいところもある

1初対面→マッサージ、パイズリ:この手の作品はリアリティが高ければシコリティも上がるものだと思うが、下着をまじまじ見てる他人の男に対する姉の反応だったりマッサージからなし崩しにパイズリに持っていく流れが不自然すぎる。

主人公のことを狙っていて誘い受けをしているとも考えられるが女優の演技力の低さからは伝わらない。

彼女に内緒で既に知り合いで、彼女の出発後そのまま浮気セックスに持っていくという導入の方が尺も費やさずやらしさも上がったと思う。

パイズリ自体は最近上達しているようでとても良かった。

欲を言えばフィニッシュ時にも手を使わず胸だけで射精させてほしかった。

2キッチンでのクンニ:遠景にすることで隠し撮り感(=日常感)が出ているのは良かったが、挿入はなし。

作中時間と視聴者側の時間は異なるとはいえ、ここまで来てまだ挿入がないので「ヤリまくった」感は相当薄い。

3姉の部屋でセックス:初挿入にして一番の抜きどころ。

地味な部屋着が日常感あっていいし、遮蔽物を利用しての隠し撮り感、また仕事机に移動後の遠景も良し。

騎乗位の迫力はさすが安齋ららと言えますね。

4夕食シーン:初めて家に上がったはずなのに勝手にキッチンを使う主人公は何なんだろうと変なところに引っ掛かってしまった。

ラブラブムードを出すだけ出して終わりであり、いやらしさが足りない。

食後ソファに押し倒すとかあってもよかったのに。

5翌朝、隣で寝てる姉の胸揉み:ここで一気に時間が飛ぶ。

夜という格好のヤリまくりタイムをいやらし要素ゼロで済ますという謎采配。

ここも胸を揉むだけで行為の示唆はなし。

6電話中の悪戯~脱衣所:脱衣所の激しい立ちバックは唐突さからして興奮はしたが、やはり前フリがあったほうがエロいはず。

事後、「汗だくになったからシャワー浴びなきゃ」という姉をふらふら追っていく裸の主人公、とか。

7夕食、フェラ&パイズリ→膝枕:相変わらず挿入の示唆はなし。

8翌朝、セックス:3と同様。

概して、本番シーンの少なさや、シーンとシーンの間でヤリまくっているという説得力の低さが問題だった。

本番シーンはエロかったが、ドラマ的な要素で興奮させようという気概は全く見えなかった(情勢的な制約もあったのかもしれない)。

使えはしたので☆4だが、安齋らら史上最高傑作になれる題材だったと思うので残念。

彼女の姉はバストJカップ

久々にこういう〇日間不在みたいなのを見て見たが別に何ら変わってませんねスマホの小さい画面が出なくてもハメ撮りや主観調にしてたら自分は変わりませんのでなんていうのかな、折角女優も男優も一人しか出てないわけだからもっとガッツリ絡んで欲しいのよねカメラワークもエロいなあってとこがないもんヤリまくったってあんた中途半端に抜けばいいってもんじゃないんだから

いつもの事ではあるが・・・・

RIONちゃんのノーブラ全力アピールの安齋らら版ですね。

彼女の性格も有るのでしょうが、いつでもスンナリ受け入れて執拗に拒む場面が無いですね。

彼女の作品の中で無理やり衣類を剥され少しずつ豊満な肉体が剥き出しになり激しい動きの中で乳房が弾け乱舞する様な光景は見た事が無いような気がします。

男なら無理やりにでも自分のモノにする欲望があると思います。

彼女の魅力は綺麗な超乳だけがクローズアップされますが、括れたウエストや細い二の腕がそれを引き立てていると思います。

ふくよかな上半身を支える大きく張ったヒップと太股はバランスは素晴らしいです。

締まった腹部からふっくら盛り上がった下腹部そしてビーナス丘と肉厚でプリップリの大陰唇は最高のご馳走です。

彼女の一つ一つのパーツは皆一級品です。

シュチエーションや行為にもっとリアル感が欲しいです、その方が彼女の素材が活かされると思います。

がっかり

「ヤリまくった」とタイトルにあるが、セックスシーンは2回のみ。

(2分しかないのを含めても3回。

)衣装、カメラアングルも微妙で期待はずれに終わった。

もっともっと犯して欲しい!!

あのおっぱいをめちゃくちゃに揉みしだきたい!と思えるような作品でした。

ららちゃん、相変わらずの可愛さに美貌、爆乳。

男優が羨ましい。

あの柔らかそうなおっぱいを揉みしだき、吸い、肉棒を挟む…たまりませんな。

バックで突いた時にららちゃんのおっぱいがブルンブルン揺れるシーンは最高に良かった。

でもやはり1番はパイズリシーン。

Jカップのおっぱいでこれでもかと挟み上下に動かす。

おっぱいが大きすぎて肉棒が隠れるとは…凄まじい。

個人的には、もっとパイズリシーンがあっても良かったと思う。

パイズリ好きには。

こういった物語のシチュエーションは臨場感があって好きなのでこれからも続けて欲しい。

安齋ららちゃんの次回作も期待します。

本編はこちらから